一般社団法人WATALISについて

WATALISとは

「WATALIS(ワタリス)」は宮城県亘理町の「WATARI]と“お守り”という意味の「TALISMAN」を組み合わせた造語です。

私たちの町、宮城県南部に位置する亘理町は先の震災により、甚大な被害を被りました。ことに海岸地域の家々はすべて津波により失われてしまいました。

今もなお多くの人々が仮設住宅などでの不自由な暮らしを余儀なくされているなかで、私たちは手仕事によるものづくりを通して、古き良き習わしや感謝の心をかたちにし、町の復興を願うあらたな仲間とのコミュニティーを生み出そうと活動し始めました。

 

これまで行ってきた事業は下記の通りです。

地域復興てしごとプロジェクト事業

地域資源を活用した商品企画・販売及び雇用促進を目的とした事業。被災地域に未来ある労働環境を創り出し、整備を推進するために、全国から譲り受けた着物地や仕入れた中古着物地を宮城県亘理町の地域の女性たちの手で加工し、「FUGURO(ふぐろ)」などのリメイク雑貨・新商品を企画・製造・販売することで、現実的な女性の就労支援を実施してきました。毎週月曜の定例会では、縫製技術研修や情報交換のための定例会を行っています。
→この事業をビジネスとして持続発展させることにより、被災地域の経済活性化に貢献するため、平成27年5月 に設立した『株式会社WATALIS』に譲渡しました。

→詳しくはこちらのサイトをご覧ください。http://watalis.com

手しごとワークショップ事業

被災地住民などを対象にした交流の場を創出するための事業。手しごとワークショップや茶話会を定期的に実施し、開かれた交流の場を開設しています。

→詳しくはWAM助成事業各種助成事業のページをご覧ください。

サロン&コミュニティカフェ事業

WATALISの活動拠点は亘理町にあり、手しごとワークショップや各種研修会など地域交流の場として活用されています。
交流の環をさらに広げる場として アトリエ&喫茶「中町カフェー」をOPENいたします。
→詳しくはこちらのサイトをご覧ください。https://nakamachi-cafe.com

事業概要図

事業概要図:地域活性化につながるWATALISの活動と支援団体・企業・国、自治体との関係を説明した図

沿革

平成23年10月
手しごとプロジェクトWATALISとして活動開始
平成24年4月
宮城県亘理町内にWATALIS事務所開設
任意団体WATALIS設立
社会福祉振興助成事業(医療福祉機構)開始
*地域住民の交流促進のため、平成24年度社会福祉振興助成事業「みんなde手しごとプロジェクト」事業を年間96回実施
平成24年7月
内閣府復興支援型地域社会雇用創造事業開始
*地域資源を活用した商品企画・販売事業に本格的に取り組み始める
平成25年1月
ホームページ開設(http://watalis.jimdo.com)開設
平成25年4月
一般社団法人WATALIS設立
平成25年7月~3月
平成25年度社会福祉振興助成事業「みんなde集まる手しごとワークショップ」事業を年間184回(ワークショップ64回+サロン120回)実施
平成26年1月
REVIVE JAPAN CUP(復興庁主催 復興ビジネス・ベンチャーオープン)
大賞受賞eco japan cup(エコビジネスコンテスト)入選
平成26年4月~6月
平成26年度東日本大震災草の根支援組織応援基金「心を繋ぐ
手しごとワークショップ~共に創るみんなの居場所~」事業を全6回実施
平成26年7月~3月
平成26年度社会福祉振興助成事業「生きがい創出型手しごとワークショップ」事業を年間32回実施
平成26年12月~3月
平成26年度被災地の社会的課題解決事業支援補助金(社会的課題解決事業創出事業)     手しごとワークショップを全16回実施

地図

所在地:宮城県亘理郡亘理町字中町22番地 〒989-2351
TEL:0223-35-7341
E-mail: info@watalis.jp

営業時間:月~金 10:00-16:00
アクセス:JR常磐線亘理駅から徒歩15分(亘理町立亘理小学校近く)